甘酒で自然な甘さ 人参とズッキーニのグルテンフリーマフィン

ズッキーニと人参がたっぷり入りちょっとスパイスの利いた身体にも優しい、美味しいマフィン。甘酒で甘みを加えたやさしい味わい、グルテンフリーとは思えないくらいしっとり、ふわふわに焼き上がります。朝ご飯の一品として、お子さんのおやつや小腹が空いた時にもぴったりなマフィンです。

Carrot and zucchini muffins gluten free

”身体に優しい”おやつのレシピはいろいろありますが、この「人参とズッキーニ」のマフィン、3つの「身体に良い特徴」があります。

1. 野菜たっぷり

一つは野菜をたっぷり使っていること。人参とズッキーニです。
え、ズッキーニ?マフィン?お食事系?

と思われるかもしれませんが、違うんです!
普通の人参マフィンにズッキーニを加えた甘い系マフィンです。(そして普通じゃなく美味しい!)

 

2. グルテンフリー

2つ目の特徴はグルテンフリー。
最近グルテンフリーが注目されていて、「美容に良い」とか「痩せる」などいろいろな情報が溢れていますが、美容云々以前にグルテンのとり過ぎは腸に負担をかけます。

腸の健康状態は私たちの体全体の健康におきく関係しているので、グルテンのとり過ぎによっていろいろな身体の不調が出てくる可能性があると言われているのです。 (グルテンについては後々改めて書きたいと思います)

アレルギーやセリアック病(自己免疫疾患の一つ)出ない限り、完全にグルテンフリーにする必要はないかもしれないし、日本ではなかなか完全にグルテンフリーにするのは難しくかえってストレスになってしまいますよね。

なので、私は外食するときなどはあまり神経質になりすぎず、その代わりに家にいる時はグルテンフリーにすることを心がけています。

グルテンフリーの粉は通販などでグルテンフリーブレンド粉などを購入するのがおすすめです・

私は独自にグルテンフリーの粉をブレンドして作りましたが、始めての方やブレンドするのは面倒くさいという方にはあらかじめブレンドされたグルテンフリーの“all purpose flour”がおすすめです。
私がよく利用するiherbはグルテンフリーの食材をはじめ、オーガニック用品・食材を扱っているのでとてもおすすめです。

sponsored ads

お勧めの材料

3. 甘酒の自然な甘み

3つ目の特徴。

メープルシロップやはちみつなど、「身体に優しい」とヘルシー系のレシピに使われることの多いですが、このマフィンは甘酒で甘さを出しているんです!
最近、甘酒が注目されるようになり、スーパーなどでもよく見かけるようになりましたが、その健康パワーをお菓子作りにも活かしていですよね。

フレーバーのアレンジなど種類も増えて気軽に試せるようになった甘酒ですが、そもそも甘酒って何?どうやって作られるの?と疑問に思われている方のためにちょっと整理しましょう。
(私自身も理解してなかった!!)

まず、甘酒は作り方によって大きく2種類あることはご存知ですか?

  1. 酒粕で作る甘酒
    これは、米を麹でアルコール発酵させてできるお酒の搾りかすである「酒粕」から作る甘酒。
    この酒粕をお湯に溶き、砂糖などで甘さを足したものが酒粕から作る甘酒です。
    アルコール発酵を経た酒粕が原料となっていて、この甘酒自体もアルコールを含んでいるため、お子さんや妊婦さんは控えた方がいいですね。

2.麹で作る甘酒
もう一つは、米麹を発酵させて作る甘酒。
米麹は蒸したお米に麹菌という「カビ」の一種を付着させて発酵・繁殖させたもの。麹は日本の誇る「発酵文化」の始め裏とも言われているそうで、その歴史は奈良時代にまでさかのぼるそうです。しょう油やみりん、味噌などの日本の伝統的な調味料を作る時になくてはならないものですね。

米麹の甘酒は、米と米麹を50−60℃で10時間程発酵させて作られます。この発酵はアルコール発酵ではないため、この甘酒自体にアルコール分は含まれないためお子さんも安心です。また、麹甘酒の甘さは、お米に含まれる炭水化物が発酵によって分解され「糖分」となったものなので砂糖は添加する必要がなく、完全な「天然甘味」なのも魅力的ですね。
そのため、砂糖不使用のヘルシースイーツを作りたい場合は酒粕甘酒ではなく麹甘酒を甘味料として使うことをおすすめします。

甘酒の健康への効果

甘酒については、別の記事でもっと詳しく書きたいと思いますが、甘酒の人気の理由の一つがその栄養価と、美肌、健康な髪、消化を助けるなどのいろいろな健康への効果です。

発酵食品ということから、甘酒は「プロバイオティクス」が含まれるだけでなく、ビタミンB1,B2, B5, B6, 葉酸、繊維、9つの必須アミノ酸、オリゴ糖(腸内の善玉菌のエサとなる糖分)、そして多くの酵素を含んでいます。

甘酒が「飲む点滴」と言われているのは、米麹の甘酒が持つ天然の糖分とこの栄養価が点滴と組成がとても似ているからなのです。

 

このように「健康的」と言われている甘酒。栄養価が高いと言っても、砂糖が添加されていない麹タイプのものでも糖分が多く含まれているんですね。
食料も十分ではなく、甘い食べ物もあまりなかった時代には、甘酒で精を出したり、嗜好品として楽しむのはちょうど良かったのかもしれませんが、この飽食の時代に甘酒を常用することはおすすめできません。既に血糖値のバランスが崩れ、高血糖気味の方が多くいる時代に、更に血糖値のバランスを崩すことでかえって病気になってしまうことは避けたいですよね。

この栄養価の高い甘酒はその自然の甘さを活かしてお菓子作りの「甘味料」として使うのは理想的。
甘酒の持つ独特な風味とマイルドな甘みは、この人参とズッキーニのグルテンフリーマフィンはもちろん、スコーン、グラノーラ、その他の焼き菓子類やお菓子だけでなく、ドレッシングやソースにもぴったり。

糖分自体が低いので、甘酒の持つ甘味はその他の甘味料と比べて劣りますが、そもそもそれ自体が甘酒を使ったお菓子や料理を「健康的」ですよね。
市販されているお菓子やソース、ドレッシングなどは糖分が大量に入っていて私たちの舌はそれに慣れてしまっています。
この「高糖度」の舌に慣れていると、もっともっと甘さが欲しくなります。結果的に糖分のとり過ぎとなり、それが血糖値のバランス、さらにその他のホルモンのバランスを崩し、あらゆる病気につながる原因となるのです。

人参とズッキーニのグルテンフリーマフィン

この人参とズッキーニのマフィンは健康を気にしているけど甘い物も楽しみたい、という方にもピッタリ。
ただヘルシー,健康的、なだけでなくしっとりしていてとっても美味しいんです!!

先日鹿児島で行った「グルテンフリーのおやつ作りワークショップ」でこのマフィンを作ったのですが、、、、

“グルテンフリーとは思えない美味しさ!”
”すごく美味しい”
“ズッキーニが入ってるの気づかな”
“これなら子供も食べてくれるかも”

と、とても好評!

忙しい朝に朝食の一品として、あるいは小腹が空いたときのおやつに、もちろん、お子さんのおやつにもパーフェクトなマフィンです。

甘酒はお近くのスーパーや通販でも購入できますが、その際は酒粕ではなく「米麹」の物、添加物が入っていない物を選んで下さいね。

作った方、感想をお待ちしています。
それから、作ってみたらinstgramでぜひ#livingmaynatureでタグしてみて下さいね☆

PInterestにコレクションをする↓

甘酒で自然な甘さ 人参とズッキーニのグルテンフリーマフィン

人参とズッキーニのグルテンフリーマフィン

ズッキーニと人参がたっぷり入りちょっとスパイスの利いた身体にも優しい、美味しいマフィン。甘酒で甘みを加えたやさしい味わい、グルテンフリーとは思えないくらいしっとり、ふわふわに焼き上がります。朝ご飯の一品として、お子さんのおやつや小腹が空いた時にもぴったりなマフィンです。
料理 デザート/スナック, 朝ご飯
キーワード グルテンフリー, 甘酒
準備時間 20 minutes
調理時間 25 minutes
合計 1 hour
出来上がり分量 6 個分

材料

粉類;

  • グルテンフリーミックス粉 120 g - 下の"NOTES"を参考
  • アーモンド粉 30 g
  • ベーキングパウダー 小さじ
  • 粉寒天 小さじ 1/2
  • 小さじ 1/4
  • シナモンパウダー 小さじ 1
  • ナツメグパウダー 小さじ 1/2

水分類;

  • ココナッツオイル 60 g - 溶かしておく
  • - 冷蔵庫から出し、常温に戻しておく
  • 玄米甘酒 80 g
  • バニラオイル 適量
  • 人参 中1/2 本 (80g)
  • ズッキーニ 中1/2 本 (80)
  • 無添加クルミ 30 g

手順

  • オーブンを180℃に余熱する。 マフィン型にオイルを薄く塗るか、シートをひいておく。 くるみは細かく砕いておく。
  • 大きなボウルに粉類を全て入れ,泡立て器などで均等に混ぜる。
  • 人参とズッキーニは、シュレッダーなどですり下ろすか、フードプロセッサーで細かくする。 これに、ココナッツオイル、溶いた卵、バニラ、甘酒を加え、よく混ぜる。 (フードプロセッサーを使うと、全て一緒に混ぜられるので楽です)
  • ③を粉類に加え、ざっくり混ぜてからクルミを加えて全体が粉っぽさがなくなるようにさっくり混ぜる。用意しておいたマフィン型に、均等に生地を入れていく。
  • 予熱したオーブンで25-30分程焼く。 竹串を刺して何もついてこなければ出来上がり☆ *オーブンによって焼き加減に差があるので、25分経ったら一度出してみて焼き加減を確かめて下さい。

コメント

 
*生地をより普通のマフィンに近づけるために、米粉のみではなくグルテンフリー粉のブレンドされた物を使うのをお勧めします。
焼いておけば、冷蔵庫で数日、冷凍庫で1ヶ月くらいは保存できるので忙しい朝やお子さんのおやつにもピッタリです。冷やすと固くなるので食べる前は軽く温めて下さいね。
甘さが少し足りないという方は甘酒とメープルシロップを半々で使って見て下さい。
作ってみたらぜひ感想聞かせて下さいね。こんなレシピを知りたい、などのご要望もお待ちしています。
にんじんとズッキーニの グルテンフリーマフィン

の記事にはアフィリエイトリンクを含んでいます。

読んでいる方がリンクを通じて商品を購入することでLivinMyNatureがわずかな報酬を頂く仕組みですが、購入される方に一切負担はかかりませんのでご安心下さい。
レシピ創作のサイト運営に努力を重ねているため、ご理解・ご協力いただけると嬉しいです。

このレシピと記事の内容はLiving My Natureによって作られた物です。無断転用はお控えくださるようにお願いします。またブログをシェアする際は一言お知らせくださるようお願いします。

sponsored ads

こちらの記事も合わせてどうぞ

グルテンフリーの甘酒ずんだ(枝豆ペースト)マフィン
グルテンフリー かぼちゃと黒ごまのヘルシーなマーブルマフィン
にんじんケーキ風ココナッツ粉のワッフル
グルテンフリー ココナッツ粉でキャロットケーキ風ワッフル
送信した情報は公開されません


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

レシピ評価