女性ホルモンバランスを崩す「〜ダイエット」

女性ホルモンバランスを崩す「〜ダイエット」

ファスティング、粗食、低糖質ダイエット、ケトジェニックダイエット・・・
痩せるため、健康のために始めた「健康法」なのに、眠れなくなった、肌荒れが悪化した、便秘になった、生理が来なくなった、という経験ありませんか? それは体が「ダイエット」を最大のストレスと受け取り、女性ホルモンが乱れてしまうからです。

ストレスが女性ホルモンのバランスを乱す5つの理由

ストレスが女性ホルモンのバランスを乱す5つの理由

女性ホルモンの乱れが引き起こす月経不順、PMS、むくみ、イライラ、頭痛にお腹の張り。その大きな原因になるのが「ストレス」であることは有名な話。でもこのストレスによる女性ホルモンの乱れが、実は体全体のバランスの崩れからくるものだって知っていましたか?

「グルテンフリー ダイエット」本当に体にいいの?!

「グルテンフリー ダイエット」本当に体にいいの?!

有名人がやっていたり、健康やダイエットにも効果があると言われ、最近注目を浴び続けてるグルテンフリー ダイエット。でもグルテンフリーって本当に効果があるんでしょうか?そもそもグルテンフリー ダイエットって何?
ホリスティック栄養士が、グルテンフリーダイエットについてやその利点、グルテンフリーとの付き合い方についてお話しします。

食べるものでストレス度が変わる!? ストレスケアできる10つの食品

食べるものでストレス度が変わる!? ストレスケアできる10つの食品

ストレスが溜まると無意識に手を伸ばしてしまうのはチョコレートやポテチ。健康的な食べ物に気を配ろうという心の余裕はないかもしれません。ストレスは病気や肌の老化を早める大きな原因。そのストレスがある時にこそ、「何を食べるか」によって、心や体へのストレス度合いが実は変わってくるんです。

慢性「プチ炎症」の症状かも?!10つの体からのSOSサイン

慢性「プチ炎症」の症状かも?!10つの体からのSOSサイン

関節炎、にきび、肌の湿疹、怪我をした後の傷の腫れや赤み・・・
見た目にも明らかな「炎症」以外にも、ずっと悩んでいた体のプチ不調が「炎症のサイン」かもしれないって知っていましたか?
この9つの体の不調に思う当たるところがあったら、いつも食べている食品や食生活、生活習慣やストレスを見直すチャンスかもしれませんよ。

美肌と健康の基本 「抗炎症ダイエット」

美肌と健康の基本 「抗炎症ダイエット」

心臓病をはじめとした様々な慢性病、慢性疲労やにきびなどのプチ不調の原因となる「炎症」。それを抑えるための食事のスタイルが、今海外でも注目されている「 抗炎症ダイエット 」。炎症をコントロールして、美肌や長く続く健康を手に入れるためにできる食事の選び方を紹介します。

副腎疲労から解放されるための10つの食事習慣

副腎疲労から解放されるための10つの食事習慣

とれない疲労感、モチベーションが出ない、気分があがらない、疲れているのに寝付けない、鬱かも・・・。 慢性的なストレスによって、コルチゾールが乱れてしまうことで起こる「副腎疲労」の辛い症状に悩んでいませんか?
生活習慣を見直すとともに、食事の習慣に気をつけることは回復するための大きな鍵となります。

こんな症状に悩んでいませんか?「副腎疲労」を起こしているのかも

こんな症状に悩んでいませんか?「副腎疲労」を起こしているのかも

たくさん寝ても疲れがとれない、コーヒーが手放せない、夜に寝付けない、太りやすい・・・ こんな症状に悩んでいませんか? もしかしたら、慢性的なストレスでコルチゾールのバランスが崩れ、「副腎疲労」を起こしているのかもしれません。 「ストレスなんてないし」と思っていませんか? 実は今の暮らしの中には思わぬストレスの原因に溢れています。

ホルモンを整える 〜 エストロゲン過剰症にならないための7つの対策

ホルモンを整える 〜 エストロゲン過剰症にならないための7つの対策

女性の美と健康に欠かせないエストロゲンも過剰になってしまうと、頭痛・腹痛などのつらいPMS(月経前症候群)など、多くの女性が悩む不調を起こしてしまいます。女性ホルモンを敵にしない方法、それは、毎日の生活にひそむホルモンバランスを崩す原因に気づき、改善していくことなんです。

「女性ホルモンは増やせばいい」は間違い?〜エストロゲン過剰症

「女性ホルモンは増やせばいい」は間違い?〜エストロゲン過剰症

「女性の美」をつくるエストロゲン。女性にとって大事なホルモンですが、多くの女性が悩んでいる体の不調の原因多くが、実はエストロゲン過剰によるものが少なくないのです。むくみ、イライラ、うつ感、頭痛に腹痛、多くの女性が悩むPMS(月経前症候群)もエストロゲンの過剰な状態が大きな原因の一つになっています。私たちの暮らしはエストロゲン過剰症を起こしてしまう要因に溢れています。