HSPと腸内環境 |腸の健康が不安・落ち込み度を左右する?!

ダイエットや“体質改善”に最近注目する人が増えている腸内環境。
なんとその腸内環境が、繊細なHSPさんの心や気分を整えるための鍵を握っているのです!

明日試験を控えてお腹が緩くなる・・・
資料作りに追われていて便秘気味に・・・
パン食が続いたらイライラが多くなった気がする・・・

こんな経験きっとあるでしょう。

ストレスでお腹の調子が悪くなるのはなんとなく感じている人も多いはず。

でも反対に、腸の状態が気分や感情をコントロールするあなたの脳に影響をあたえていること、ご存知ですか?

これを読めば、イライラや不安の原因、HSPさんがおなかのトラブルを抱えやすい理由、そして心の健康のために腸内環境を整えるのが欠かせない理由が分かるようになるはずです。

ホリスティック栄養
コンサルティングについての
詳細ページ

ホリスティック栄養コンサルティング

目次

目次をクリックするとその箇所に移動します。

心と体の健康は「腸」が作る!!

HSPが腸のトラブルを抱えやすい原因

腸内環境の乱れが作る不安な心と鬱

さいごに

心と体の健康は「腸」が作る!!

腸内環境とうつ
sponsored ads

>>体と脳の健康の鍵をにぎる腸内細菌

健康に意識を持っているあなたなら、腸内細菌について多かれ少なかれ聞いたことがあるのでは?
腸内細菌は5-7mもある腸の(細胞中の)なんと90%も占め、ストレスや代謝に重要なビタミンB群を作ったり、食べ物の消化や便通を調節しています。

免疫を強化するというのは有名な話ですね。

それだけではなく、食欲、食べ物の嗜好、代謝の調節、ホルモンバランスそして遺伝子の働きにいたるまで、実に健康に関わる全てに重要な鍵をにぎっているんです。

そして脳の働き、つまり「気分」や「感情」の健康も例外ではないんです!

>>健康をまもる腸バリア

突然ですが問題です。

「腸の中身(食べたもの)」は体の「外」でしょうか、それとも中にあるでしょうか?

答えは「体の外」、です!

だってお腹の中にあるじゃんって思いますか?

とても大事なところなので説明しますね。

食べたものが通過する消化管(口→食道・胃・小腸・大腸→肛門)は一本の管。

「外界」にあった食べたものは口からその「管」に入り、さまざまな消化を受けながら進んで肛門からまた体の外にでているだけなんですね。
(“だけ”といってもとんでもなく複雑な工程を踏んでいますが・・・)

管の内側は「外界」とつながっていますね。

つまり「管の中=腸の中身」は「体の外」。

消化を受けた食べ物は、「栄養素」として腸から吸収されてはじめて体内に入ります。つまり腸は体と「外界」をへだてる、いわば「バリア的」存在なのです!

HSPが腸のトラブルを抱えやすい原因

>>脳のストレスの腸のストレス!

HSPでは、不安や恐怖、ストレス反応で反応する「扁桃体」という脳の一部が一般の人よりもアクティブ。つまり「ちょっとした」ストレスでもつらいと感じたり、体にも疲れが出やすいんですね。

試験を控えていたり、人前で発表しなければいけない時など緊張していると、

下痢をおこしたり便秘になると言う経験ないですか?

それは脳と腸が迷走神経という一本の神経でつながっているからです。

だから脳で「ストレス」を感じると、迷走神経を介して腸にも「ストレス」が伝わり、お腹の動きや働きが緊張したり緩んだりするんですね。

>>セロトニン不足で落ち込み体質に

幸せホルモンとよばれる「セロトニン」。名前は聞いたことあるかもしれません。

なんと95%は腸で作られているのです!

腸内環境が悪くなれば、セロトニンも十分に作られなくなります。

腸内環境の悪化で落ち込み体質になるのはそれが理由の一つでもあるのです

腸内環境の乱れが作る不安な心と鬱

>>不安な心を作るリーキーガット

うつ、不安感 、頭痛、イライラ、・・・

“心”や“精神的”な問題と思われがちなことの原因が実は、脳で起こっている「炎症」。

その炎症の原因、なんだと思いますか?

それは今の生活で溢れかえっているもの。

仕事や人間関係からの慢性ストレス、炎症を起こす食べ物、食品添加物、砂糖、アルコール、喫煙、抗生物質・・・などなど

こういった食生活や生活習慣に常にふれていること腸内細菌のバランス・腸内環境が乱れます。

そすると腸の壁に炎症が起き、上で説明した大事な腸の「バリア」が機能しなくなってしまう。

これが最近よく言われている「リーキーガット」と言われる状態。

なんだか遠い話・・・と思うかもしれません。

いえ、とっても身近な話なんです!

>>花粉症・肌荒れ・鬱の原因「炎症

細菌やウイルスなどの病原体から私たちを守る免疫。
その役目は自分の体ではない「タンパク質」を攻撃することです。

上のように腸のバリアが壊れ、「リーキーガット」の状態になると、血液中に未消化の食片(タンパク質)や悪玉菌が出す毒素が吸収されてしまいます。

免疫はその「タンパク質」に対して攻撃するようになります。
常に免疫が刺激されることで、免疫がバランスを崩してしまい、体のいろいろな場所で”炎症”を起こすようになってしまうのです。

だるい、頭痛、疲れ、肌荒れなどのちょっとした不調、そして重大な慢性病にいたるまで、この「炎症」が作り出していると言われています。

日本人のふたりに一人が持つと言われる花粉症やアレルギー。
これも腸バリアの破綻で免疫が常に刺激され、免疫のバランスが崩れてしまうことが原因と言われています。

>>「腸」の炎症は「脳」の炎症、「脳」のストレスは腸のストレス

頭痛、不安感、鬱症状として現れる「脳の炎症」。

それは、腸内バリアの破綻して炎症が脳で起きてしまうこと、そして、ここでお話しした迷走神経を介しても直接炎症メッセージとして届けられてしまうため。

反対に、脳で感じた「ストレス」は腸へ「ストレス」として伝わり、腸内環境を悪化させる引き金となってしまい、悪循環に陥ってしまうのです。

関連記事→

抗炎症ダイエット 食品
美肌と健康の基本 「抗炎症ダイエット」
グルテンフリー ダイエットとは アイキャッチ画像
「グルテンフリー ダイエット」本当に体にいいの?!
乳製品と女性ホルモンバランスのブログ
乳製品はとる?とらない?〜乳製品と女性ホルモンのバランス
ストレスが女性ホルモンを乱す5つの理由 バナー
ストレスが女性ホルモンのバランスを乱す5つの理由

さいごに

ダイエット、免疫力アップ、美肌対策のために気をつける人が多い「腸活」。

不安を感じやすいHSPさんはあらゆることに敏感です。

食事や生活習慣を改善したり、自分らしく生きられる環境作りとマインドセットを持つ。

心だけでなく、体の健康を守るためにも、腸の健康を保ち、不安を作り出すループを最小限にすることが大切なんですね。

しつこい疲れをどうにかしたい!
夜ぐっすり眠りたい!
肌荒れを改善したい!
つらい月経不順、薬を手放したい!
ヘルシーでも美味しくた食べるアイデアが欲しい。
食事制限はしたくない!

Living My Natureは、そんなあなたを全力でサポートします。

こんな悩み抱えていませんか?

分かってるけど、なかなか行動に移せないことってありますよね。

そんな時に頼れる人がいると、自信もやる気も全く違ってきます。

「こんな悩みでもいいのかな」と思うことでも大丈夫です。
こちらからお気軽お問い合わせください。

ホリスティック栄養コンサルティング

ホリスティック栄養
コンサルティングについての
詳細ページ

ホルモンバランスや腸内環境を整え、体の本来の力を引き出すためのレシピや健康情報も満載です。

あなたの「本当の」健康を作るためのツールとしてお使いください!!

グルテンフリースイーツ

E-BOOK

  • 「心と体が喜ぶ」グルテンフリー焼き菓子
  • 寒い時期に食べたいグルテンフリーSWEETS

ホルモンサポートレシピ

  • ホルモンバランス・腸内環境を整える健康レシピ
  • 海外要素満載♪ 健康的でおしゃれなレシピ
  • グルテンフリー・砂糖不使用・乳製品不使用スイーツ

ホリスティックヘルス

  • 女性ホルモン
  • ストレスと体の健康
  • マインド(思考・心)と健康

InstagramFacebookでは、ブログで公開しきれていない情報や、料理なども公開しています。

情報を逃さないようにぜひフォローしてくださいね。

免責事項;  この記事は、既存の疾病のない一般の方に向けて、食と健康の知識を広める目的で書かれたものです。私自身の教育、研究そして個人的な経験に基づいた意見を述べたものであり、病気の診断 ・治療あるいは病気の予防を約束するものでは決してありません
食生活・生活活習慣・その他の行動を変える際は、ご自身の責任のもとに必ず専門資格のある医師などにご相談ください。詳しくはこちら

sponsored ads

関連記事

お問い合わせ

Follow Me
⬇️

コメント・ご意見・ご質問などお待ちしています。ご自由にお書きくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です