朝ごはんは食べるべき?抜くべき?朝食を抜くと疲れにくくなるって本当?

朝ごはんは食べるべき?抜くべき?朝食を抜くと疲れにくくなるって本当?

朝食はしっかり食べた方がいいんですか?朝食を抜くと疲れにくくなるんですか?とくに健康意識が高い人から疑問の声を
よく聞きます。「朝食抜きダイエット」という言葉も広まる程関心が集まっていますが、人によってはかえって健康を損ねてしまう場合があるのです。

【疲労・PMS・ホルモンバランス、消化不良】子供時代の「トラウマ」による 体の不調を軽減する7つの「食」改善策

【疲労・PMS・ホルモンバランス、消化不良】子供時代の「トラウマ」による 体の不調を軽減する7つの「食」改善策

人より疲れやすい、PMSが辛い、ホルモンバランスが崩れやすい・・・
健康に気をつけているのに不調が改善しないのは、子供の頃の「ミニトラマ」が原因かも。それを改善するために気をつけたい、7つの「食」の改善策です。

子供時代の 「トラウマ」が作る 今の体の不調

子供時代の 「トラウマ」が作る 今の体の不調

子供のころに経験した心のトラウマが「今の」健康に関係している?!疲れやすい、ストレスに弱い、頭痛、だるい、人より体が弱いみたい、、、・・・食事にも気を付けてるのになぜ?と悩んだことはないですか? 小さい頃に経験した心の傷が、精神面だけではなく大人になってからの「体の」健康を崩す要因に・・・。

低血糖症になりやすい人の6つの特徴 その原因と共通点は?!

低血糖症になりやすい人の6つの特徴 その原因と共通点は?!

低血糖になりやすい人の特徴や原因。食事の偏りや運動不足などの生活習慣が関係しているいるのを知っている人は多いですが、実はストレスも大きく関係しているって知っていましたか?これを読めば低血糖を起こす意外(?)な原因と対策が分かるようになります。

腸内環境を整えて落ち込み・不安を改善②|今日からからできる腸が喜ぶ6つの習慣

腸内環境を整えて落ち込み・不安を改善②|今日からからできる腸が喜ぶ6つの習慣

不安・イライラ・落ち込みに頭痛など、「心」や「頭」の不調を起こす原因のひとつが腸内環境の乱れ。前回の「腸内環境改善のために避ける7つのこと」に続き、今回はとくに繊細な心を持つHSPさんだからこそ気をつけたい、「腸が喜ぶこと」に注目して改善策をお話しします。

腸内環境を整えて落ち込み・不安を改善①|HSPさんが避けたい7つのこと

腸内環境を整えて落ち込み・不安を改善①|HSPさんが避けたい7つのこと

腸内環境の状態によって左右する不安や落ち込み、うつ感にイライラ度。それは脳と腸が深い関係でつながっているからです。その腸内環境を整えるためにすることは大きく分けて二つ。まず腸のバランスを崩すものは避けることが第一歩です。

【ファスティングで生理不順に!?】女性ホルモンとファスティング

【ファスティングで生理不順に!?】女性ホルモンとファスティング

ダイエット効果や体質改善など多くの効果があると言われるファスティング。夢のような効果もある一方で、特に女性にとっては大きなリスクがあることを知っていますか?ファティングで女性の体に何が起きるのか、女性なら始める前に読んでおきたいファスティングの新事実。

乳製品はとる?とらない?〜乳製品と女性ホルモンのバランス

乳製品はとる?とらない?〜乳製品と女性ホルモンのバランス

胸の張り、PMS、イライラや不安、頭痛、お腹の張り、ほてり、むくみ・・・女性ホルモン「エストロゲン」の増えすぎで起こる体の不調。
乳糖不耐性や乳製品中のホルモンが影響しているのかも?!
思い当たる症状があったら、乳製品との付き合い方を知っておいた方がいいかもしれません。

ホルモンバランスをナチュラルに整える! 〜7つの改善策〜

ホルモンバランスをナチュラルに整える! 〜7つの改善策〜

PMS(月経前症候群)、肌荒れ、イライラ、頭痛、お腹の張り、むくみ・・・20代後半から30代の女性の多くが抱えている体の不調。
これはホルモンバランスが崩れ、それを体がSOSサインとして発している症状です。そもそもホルモンバランスが崩れる原因って何?それを改善する方法は?知っておきたい情報をホリスティック栄養士が解説します。

女性ホルモンバランスを崩す「〜ダイエット」

女性ホルモンバランスを崩す「〜ダイエット」

ファスティング、粗食、低糖質ダイエット、ケトジェニックダイエット・・・
痩せるため、健康のために始めた「健康法」なのに、眠れなくなった、肌荒れが悪化した、便秘になった、生理が来なくなった、という経験ありませんか? それは体が「ダイエット」を最大のストレスと受け取り、女性ホルモンが乱れてしまうからです。

ストレスが女性ホルモンのバランスを乱す5つの理由

ストレスが女性ホルモンのバランスを乱す5つの理由

女性ホルモンの乱れが引き起こす月経不順、PMS、むくみ、イライラ、頭痛にお腹の張り。その大きな原因になるのが「ストレス」であることは有名な話。でもこのストレスによる女性ホルモンの乱れが、実は体全体のバランスの崩れからくるものだって知っていましたか?

「グルテンフリー ダイエット」本当に体にいいの?!

「グルテンフリー ダイエット」本当に体にいいの?!

有名人がやっていたり、健康やダイエットにも効果があると言われ、最近注目を浴び続けてるグルテンフリー ダイエット。でもグルテンフリーって本当に効果があるんでしょうか?そもそもグルテンフリー ダイエットって何?
ホリスティック栄養士が、グルテンフリーダイエットについてやその利点、グルテンフリーとの付き合い方についてお話しします。

慢性「プチ炎症」の症状かも?!10つの体からのSOSサイン

慢性「プチ炎症」の症状かも?!10つの体からのSOSサイン

関節炎、にきび、肌の湿疹、怪我をした後の傷の腫れや赤み・・・
見た目にも明らかな「炎症」以外にも、ずっと悩んでいた体のプチ不調が「炎症のサイン」かもしれないって知っていましたか?
この9つの体の不調に思う当たるところがあったら、いつも食べている食品や食生活、生活習慣やストレスを見直すチャンスかもしれませんよ。

ストレスが体に炎症を起こす?

ストレスが体に炎症を起こす?

心臓病をはじめとした様々な慢性病、慢性疲労やにきびなどのプチ不調の原因となる「炎症」。それを抑えるための食事のスタイルが「抗炎症ダイエット」。もともとは、傷ついた組織の修復のための大事な免疫反応が、喫煙・偏った食生活、慢性ストレスにより炎症のコントロールが効かなくなってしまうのです。

美肌と健康の基本 「抗炎症ダイエット」

美肌と健康の基本 「抗炎症ダイエット」

心臓病をはじめとした様々な慢性病、慢性疲労やにきびなどのプチ不調の原因となる「炎症」。それを抑えるための食事のスタイルが、今海外でも注目されている「 抗炎症ダイエット 」。炎症をコントロールして、美肌や長く続く健康を手に入れるためにできる食事の選び方を紹介します。

ストレスで炎症体質に?!副腎疲労から抜け出す10つの食事習慣

ストレスで炎症体質に?!副腎疲労から抜け出す10つの食事習慣

とれない疲労感、モチベーションが出ない、気分があがらない、疲れているのに寝付けない、鬱かも・・・。 慢性的なストレスによって、コルチゾールが乱れてしまうことで起こる「副腎疲労」の辛い症状に悩んでいませんか?
生活習慣を見直すとともに、食事の習慣に気をつけることは回復するための大きな鍵となります。

こんな症状に悩んでいませんか?「副腎疲労」を起こしているのかも

こんな症状に悩んでいませんか?「副腎疲労」を起こしているのかも

たくさん寝ても疲れがとれない、コーヒーが手放せない、夜に寝付けない、太りやすい・・・ こんな症状に悩んでいませんか? もしかしたら、慢性的なストレスでコルチゾールのバランスが崩れ、「副腎疲労」を起こしているのかもしれません。 「ストレスなんてないし」と思っていませんか? 実は今の暮らしの中には思わぬストレスの原因に溢れています。

ホルモンを整える 〜 エストロゲン過剰症にならないための7つの対策

ホルモンを整える 〜 エストロゲン過剰症にならないための7つの対策

女性の美と健康に欠かせないエストロゲンも過剰になってしまうと、頭痛・腹痛などのつらいPMS(月経前症候群)など、多くの女性が悩む不調を起こしてしまいます。女性ホルモンを敵にしないために、毎日の生活にひそむホルモンバランスを崩す原因に気づき、改善していくことことが大切。

「女性ホルモンは増やせばいい」は間違い?〜エストロゲン過剰症

「女性ホルモンは増やせばいい」は間違い?〜エストロゲン過剰症

「女性の美」をつくるエストロゲン。女性にとって大事なホルモンですが、多くの女性が悩んでいる体の不調の原因多くが、実はエストロゲン過剰によるものが少なくないのです。むくみ、イライラ、うつ感、頭痛に腹痛、多くの女性が悩むPMS(月経前症候群)もエストロゲンの過剰な状態が大きな原因の一つになっています。私たちの暮らしはエストロゲン過剰症を起こしてしまう要因に溢れています。

「ストレス マネジメント で痩せやすい体を作る」 6つのステップ

「ストレス マネジメント で痩せやすい体を作る」 6つのステップ

ストレスが溜まり、それがあなたのお腹の脂肪を作り出していたなんて。「苦しいダイエットや食事制限」は実は解決策ではなかったんですね。ストレスをしっかりケアしてあげることが、結果的に
あなたのお腹の脂肪を減らすだけでなく、あなたの若々しさ、そして本当の健康を作っていくにつながるのです。